仕事や勉強のやる気がでないを一瞬で解決する方法

こんにちは、常田です。

 

今日は「仕事や勉強のやる気が出ない」という時に
やる気を復活させ行動力を手に入れる方法について話していきます。

 

仕事や勉強など、やるべきことがあるときに限って、
「やる気が出ないなぁ」
「今日は気が乗らないなぁ」
なんて経験は有りませんか?

 

毎日やる気に満ちていてモチベーションに困らないような状態が理想ですが、
体調でさえ日々良いときと悪いときがあるように、誰にでも気分が乗らない日くらいあるものです。
だから、それ自体は仕方の無いことなのです。

 

とは言っても、やる気が出ないままではせっかくの時間を無駄にしてしまいます。
なので今回はそんなやる気のでない時でも、
やる気を呼び戻し、行動力を上げていく方法について話していきたいと思います。

 

行動力を強制的にでも起こすことができれば、、
当然ダラダラした無駄な時間がなくなるし、
時間を有効活用することが出来ます。

 

時間を効率的に使うことが出来れば、
仕事ではより早く成果が出るようになったり、
勉強では今よりグンッと成績が伸ばすことができたり、
あらゆる面で成長が期待できるのです。

 

逆に「やる気が出ない状態」を放っておくと
だらだらと時間を消費してしまい何一ついいことがありません。

 

今回話していく内容を使って、仕事や学業のモチベーションを上げたり、
時間を有効活用していくために是非活用してみてください!

 

 

何故やる気は出ないのか?

 

やらなきゃいけない事があるときに限って
「まったくやる気が出ない」
「気付いたら他のことをしていた」
そんな経験が誰しもあるのではないかなと思います。

 

これはいわゆる、テスト期間になった途端に、
部屋の掃除ばかりしてしまう現象にも似ています。

 

僕自身も、元々めんどくさがりの性格なので、
気が乗らない経験はしょっちゅうあります。

 

そして何もしなかった時って後悔しますよねー。
「今日は結局なにもしてない」
「ああ、自分はダメな人間なんだ」
「今日も一日ダラダラ過ごしてしまったなぁ」
なんて思いながら

 

やる気が出ない自分に自己嫌悪を感じてしまうのは、
悪循環の始まりでしかありません。

 

では一体、何故やる気は出ないのか?
その秘密は脳の仕組みにあったのです。
脳科学的には人間は変化を嫌うことが証明されています。

 

なぜかというと、行動や変化をする時には、
脳に大きなストレスが掛かるためです。
(様々な要因と理由はありますが、ここでは割愛します)

 

つまり脳にストレスが掛かるので本能的が避けようとします。

 

ストレスを感じないよう、
「何もしない」「脳に負荷をかけない」ことを本能的に考え、
「やる気が出ない」状態を作り出してしまうのです。

 

だから脳は現状維持を好みます。
では一体どうすれば、やる気が出ない時に行動を起こす事ができるのか?

 

 

即行動起こすための3カウントルール

 

実は、やる気を出す為には、
とにかく”即行動へ移すことが重要なのです。
これは一見矛盾しているようですが、やる気を出すために必要な事なのです。

 

脳は時間が経てば経つほど、
変化をしない(脳にストレスを掛けない)という選択をします。
これがいわゆる「やる気が出ない状態」にどんどん向かっている段階なのです。
そして、やる気が出ない状態を正当化する為に、必死で理由付けをします。

 

先ほどのテスト勉強の例でいえば、

テストに向けて勉強しなきゃ。(本能的には勉強やりたくないなぁ状態)

いざ机に向かうも、なんだかやる気が出ない
そうだ!部屋が汚いから集中できないんだ!(本能で理由付け)

部屋の掃除をしよう、ちょうど部屋の掃除したかったんだった。(完全に正当化)

結局勉強してないけど、部屋の掃除はした!(正当化するけど後々に自己嫌悪)

 

というループが引き起こされるのです。

 

つまり、脳に理由を考えさせたり正当化される前に
即行動を起こすことが最も効果があるわけです。

 

そこで効果を発揮するのが3秒カウントルールです。

ルールはすごく簡単で、何かやらなければいけない事がある時に、
脳内で「3、2、1」と数えて即行動!をするだけです。

 

勉強しなきゃ(本能的にはやりたくないけど・・・)

「3、2、1」

行動開始!

 

実は気分が乗らない時こそ、
まずは行動することが大事なのです。
勉強をする場合なら、とりあえず参考書を開く、手にペンを持つ、ノートを開く、などなど。
とにかく勉強する態勢を整えることで、自然とやる気が出てきたりします。

 

これが例えば、ベッドの上でごろごろしながら
「そろそろ勉強しなきゃ〜」
って思っていると行動できません。
きっと脳は行動しない理由を探し始めるでしょう。

 

そうではなく、まずは行動が第一です。
それも即行動です。

 

さっきの説明通りで、だらだら行動してると次第に動けなくなります。
で、結局「まいっか」ってなってしまいます。
それが脳の仕組みだからですね。

 

なぜカウントするかというと、カウントしてる間はそれ以外を考えられなくなるからです。
そして、即行動に移すことで無思考で行動できるのです。

 

だからこそ行動力を手に入れるためには、まず行動することが大切なのです。
行動して、とりあえず準備し始めると「なんだかんだやる気が出てきた!」
って体験も誰しもあるんじゃないかなって思います。
やる気なんて、実はそんなものなんです。

 

はじめの一歩が一番疲れます。腰が重いです。
ただ、行動さえ起こしてしまえばあっという間です。
だからこそまずは最初の一歩を踏み出すことから始めてみましょう。

 

[まとめ]仕事やテスト勉強のやる気がでない

 

やる気が出ないときこそ、3カウントルールを使って、
即行動できるようにしましょう。
それだけでおそらくほとんどの場合、行動できるようになります。

 

やる気なんて実はそんなもんです。
まずは行動することが大事で、行動してしまえばなんとかなります。
仕事をしたくない気分でも、いざパソコンを開いたり、
仕事をする環境を整えてしまうと出来てしまうもんです。

 

3カウントルールの威力は強力で僕も今でもよく使います。
このルールのおかげで、行動を起こせるし、やる気も出るし、
モチベーションも自然と上がっていきます。
ぜひ、一度騙されたと思って試してみてください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人生を変えるために必要なことは?

それは、
覚悟を決めて小さな一歩を踏み出してみる事
たったそれだけです。

できるか、できないか、
そんなことはどうでもいいんです。

やるか、やらないか、人生はそれだけだからです。
つまり今ここで変わろうとしなければ、未来は永遠に変わりません。
変わりたいなら今ここで行動しなければいけないのです。

・・・とはいえ、行動できない気持ちもよく分かります。
僕も昔、変わりたいと思いつつ、何もできなかった時期が4年もありました。
だからこそ気持ちはよく分かるのです。

けれど僕は、ある一つの出会いとキッカケで
やっと人生を変えることができました。

きっとこの経験を伝えることで、
どこかで救われる人がいるかもしれない。
そう思って記事を書いてみました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕が人生を変えた”キッカケ”のつくり方

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • 2019 09.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

管理人プロフィール


こんにちは、常田と申します。
過去に失恋などをキッカケに対人恐怖症になり4年のニート生活を経験。その後「このままじゃヤバい」と本気で焦り始め、大都会である渋谷のカフェで働うことに。色々な人に迷惑をかけたけれど、おかげで今では人と接することがラクになりました。そして人生が楽しくなりました。
きっとこの経験を伝えることで、どこかで救われる人がいるかもしれない..。そう思いブログを立ち上げました!
詳しいプロフィールはコチラ

Hapitas

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
CMでも話題のハピタス。簡単なアンケートや口座開設などですぐに1〜10万円まで稼げます。ひとまず「お金が無い」という方は初めにハピタスで稼ぐのがお勧めです。
ハピタスはコチラ

行動するための起爆剤

daihugou


行動を効率的に成果に変えるための方法を解説した本で、起爆剤になってくれるオススメの一冊です。
本の詳しい内容はコチラをどうぞ!

記事が参考になったら応援クリックを!