「やる気が出ない」を解消させる5つのアプローチ

どうも、常田です!

 

このブログを書いているのは8月、まさに真夏です。
今年の暑さは異常すぎますよね、本当に!
クーラーの効いた部屋にずっといると、頭がぼーっとしてくるし、
かといって、この暑さだと日中外にいるのは生命の危機すら感じるレベルです。

 

こうなってくると、夏バテしてしまったり、
どうしてもやる気の低下や、モチベーションの維持が困難です。
さすがに体の強いひとでもバテてしまいますよね(苦笑)

 

ただ、そんなときでも、少しでもやる気を向上させ、健康を維持したり、
モチベーションを上げる方法を科学的なアプローチから
本日は話していきたいと思います。

 

題して「”やる気が出ない”を解決する5つの方法」です。

 

もちろん季節とは関係なく、いつでも使える方法です。
今まさにやる気がでなくて困っている、
という場合はこれから紹介する方法を試してみてください。

 

ではさっそく具体的な内容に入っていきましょう!

 

 

解決方法①すぐに取り掛かってみる

 

例えばやらなければいけないことが目の前にあるのに、
ただなんとなく、やる気が出ないんだよなぁ〜
ってときありますよね?

 

そういう場合は、思い切って始めてみましょう。笑
やらなきゃいけない勉強がある、とか、
メールの返信をしなければいけない、とか
実はやり始めてみたらあっという間に集中してやり終えることって
たくさんあります。

 

ただ、なんとなく取り掛かるのが面倒くさいなぁとか
思ってる場合は、その一瞬だけ感情を停止させて、
やらなきゃいけないことをやってみるのは効果的です。

 

やらなきゃいけない勉強があるなら、とりあえず参考書を開いて眺めてみましょう。
返信しなければいけないメールがあるなら、とりあえずメールを開いて返信画面を開きましょう。

 

やる気なかったけど、やり始めてみたら集中できた!
なんてことはたくさんあります。
僕もよくあります!w

 

なので、コツは一瞬感情を捨てて、とりあえず取り掛かることです。
そこまでしてもやる気が出ない、集中できない場合は、
次の方法を試してみてください。

 

 

解決方法②目標を細かく設定する

 

例えば、勉強をする場合、本当は参考書を10ページ進めたい、とします。
ただ、10ページを進めるには、それなりのやる気と集中力が必要だとする。

そうです、人は目標が大きかったり、目の前の困難が大きいと
始める前からちょっとした気合いが必要になるので、始める前に気疲れてしまう
やる気やモチベーションが下がる、という研究結果があるのです。

 

目の前の壁は低ければ低いほど、気軽な気持ちで挑むことができますよね?
つまり、何かをするうえでは目標を低くしたり、設定を細かくすることで、
「とりあえずここまでやろう」っていう気軽さが生まれるのです。

どうしても人って目標を高くしがちだし、
それは結局自分で自分のやる気を阻害しているだけなのです。

 

だからこそ始める前に、目標設定を低くするってのは非常にオススメです。
例えば「3ページでいいからやってみよう」って始めてみたら、
集中力も乗ってきて、15ページ進められた!なんてパターンもあるわけです。

 

 

解決方法③眼球疲労を予防する

 

これも科学的には判明していることなのですが、
人は目が疲れてくると集中力を失います。やる気も著しく低下します。
そして、肩こりや頭痛の原因にもなるのです。
つまり、眼球疲労はいろいろな症状を引き起こす原因になります。

 

眼球疲労って軽視されがちなんですが、
実はめちゃくちゃケアしたほうがいい部位なんですよ。

 

普段から目薬をしたり、目に良い成分を補給したりするだけでも、
集中力、やる気がびっくりするほど向上しますよ。
目が悪い人だったり視力が悪い人には頭痛持ちの方が多いですが、
これらも関係してるわけですね。

 

視力が悪い方は、普段からメガネをかけたり、コンタクトを使用しましょう。
きっと世界が変わりますよ!

 

 

解決方法④生活に有酸素運動を取り入れる

 

これもまた重要なことですが、
結局運動不足だったりすると、どんな良い食事をして
栄養をしっかり摂取しても体調崩しやくなるし
病気にもかかりやすくなります。

 

有酸素運動といっても、1週間に3日前後、
1回に15〜30分ほどのウォーキングだけでも取り入れましょう。
日常的に有酸素運動をするようになると、
うつのような気分が沈むようなこともなくなるし、
日々の集中力も増します。

 

運動の重要性に関しては、ここ最近とくに科学的にも判明していて、
とくにすべてをまとめてくれているのがこの本です。

 

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方


アマゾンのリンクになってますが、レビュー見て分かる通り、本当に名著です。
僕も4年以上前に買って、未だに読み返しているし、
これ読むと、本当運動しようって思えます。笑

 

それくらい運動って、僕らの体にとっていいことしか起きません。
もし本の内容が気になったらぜひ買って読んでみてください。
もしくは今度本の内容をまとめて、また記事にしておくので、記事を読んでみてくださいね。

 

 

解決方法⑤睡眠、仮眠を取る

 

巷では短眠の方法などが流行っていますが、
これに関してはもう体質によるところが大きいと思います。
睡眠時間が短くてもやっていける人もいるし、逆もしかりです。

 

僕も過去に、睡眠時間が短くなれば、その分起きてる時間が増えるわけだし、
そしたらもっと好きなことに時間が使える!と思っていました。
だから色々な本も買ったし、ロマンを感じて実践もしましたw

 

けれど、どう頑張ってもダメだったんです
日中に眠くなってしまうし、集中力も著しく低下しましたね。
同様に、周りにも睡眠時間を削ることが体に合わない人のほうが実は多くて、
これは体質によるところだと思います。

 

なので、多くの場合、集中力やモチベーション向上、やる気を上げるには、
休養することも大事なのです。
もし、最近睡眠時間を十分に取れていない等なら、一度しっかり休養を取ることがおすすめです。

 

あるいは、日中でも15分ほどの仮眠や昼寝は、
その後の仕事や勉強で集中力を向上させるのでオススメです。
ただし30分以上寝てしまうと、かえって効率が落ちたり、疲れてしまったりするので、
仮眠時間には気をつけましょうね。

 

 

「”やる気が出ない”を解決する5つの方法」まとめ

 

まずはやる気が出ないっていう場合でも、作業に取り組んでみましょう!
そしたら思いの外、集中できることってよくあります。
あるいは目標を低く設定することで、障壁を低くして、精神的にラクなパターンを作っていきましょう。

ただ、どれを試してもダメな場合は、
もう思い切って全く違うことをやりましょう。
人間ですから、ときには気分転換も大事です。

 

あまり煮詰めて考えすぎて、体調を崩してしまうよりは、
どうしたらうまくモチベーションを上げられるのか?
これから色々考えたり、実践していけばいいかなと思います。

 

こういうモチベーションを上げる技術はたしかに存在するけれど、
万人に対応できるものなんて存在しないと思っています。
科学的なアプローチは確かに強力ですが、あくまでこれって統計学です。
つまり多くの人に当てはまるパターンなだけです。

 

ベストな状態というのは、自分のパターンを探し出して、自分を攻略していくことです。
そのための知識や情報はこのブログで色々と発信していくので、
参考になる部分があれば、ぜひ試してみてくださいね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人生を変えるために必要なことは?

それは、
覚悟を決めて小さな一歩を踏み出すこと
たったそれだけなのです。

できるか、できないか、
そんなことはどうでもいいんです。

やるか、やらないか、それだけです。
今を変えることでしか未来は変えられません。

とはいえ、行動できない気持ちもよく分かります。
僕は変わりたいと思いつつ、何もできなかった時期が4年も続きました。
だからこそ気持ちはよく分かるのです。

でも僕は、ある一つのキッカケで人生を変えることができました。
もし、人生を変えるキッカケを模索しているなら参考になるかもしれません。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人生を変えるキッカケのつくり方

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • 2018 08.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人プロフィール

こんにちは、常田といいます。
東京都在住の28歳です。
ボクは学生の頃に、失恋などをキッカケに対人恐怖症をこじらせました。それから4年のニート生活をしたのち、「このままじゃヤバい」と本気で焦り始め、なぜか大都会である渋谷のカフェで働くことに。色々な人に迷惑をかけたけれど、おかげで今では人と接することがラクになりました。そして人生が楽しくなりました。
きっとこの経験を伝えることで、どこかで救われる人がいるかもしれない…と思いブログを立ち上げました!
詳しいプロフィールはコチラ

最近のコメント