サイトを立ち上げた理由、そして僕の想いを話したいと思います。

 

 

今回は僕の自己紹介も兼ねて、
サイトを立ち上げた理由をお話していきたいと思います!

 

まず、これから話すことは、
僕が失恋をキッカケに対人恐怖症をこじらせ
4年間ニートとして過ごしたのち
ひとつのキッカケから脱ニートした上に人間関係もよくなっていき、
なぜかモテるようになったり、仕事でもどんどん出世していくというお話です。

 

 

とくに、
・やりたいことが出来ていない
・モチベーションの維持に悩んでいる
・人間関係に悩んでいる
・仕事の集中力を伸ばしたい
・体調不良になることが多い、または体調が安定しない
・精神的に追い込まれるときがある

そんな方は、是非このまま読み進めてみてください

 

 

僕は一つのキッカケで人生をこじらせましたが、
また、一つのキッカケで人生を変えることも出来ました。

 

おそらく今の僕を見て、
「こいつ昔ニートで引きこもりだったんだな」
と思う人はどこにもいません。

 

そして僕は一度、人生のどん底まで落ちましたが
そこから這い上がる過程で大切なことをたくさん学ぶ事もできました。
きっと今、人生を変えるキッカケを模索している方もいるかもしれません。 

 

だからこそ僕はここで、
人生を変えるキッカケのつくりかたや、
運をよくするための方法もお話していきたいなと思います。

 

そして、初めにここで断言しておきましょう。

 

それは、

”どんな人でも絶対に変われるんだ”

ということです。

 

結局人生を変える為に必要なことって
シンプルだったんです。
これだけ知ってれば人生変えるのなんてカンタンなんです。

 

だって〇〇するだけでいいのだから・・・
おっと、答えは後ほどお教えしますね!

 

ではよければ、このまま続きをどうぞ!

 

 

ごめん。好きな人できた・・・

 

僕は、昔から自分に自信がありました!

・・・なんて言えたら、
きっと今ごろ違う人生を歩んでいたかもしれませんね。
実際には真逆で、自分にまったく自信が持てないタイプでした。

 

容姿にも自信がないし、
細かいことを気にしすぎてしまう上に、物事を深く考え込んでしまう性格で、
なにかあるとすぐ悩んでしまう自分が好きになれずにいました。

 

細かいことをいちいち気になってしまう事は、
僕にとっての短所でした。
そのせいか、人付き合いも決して得意ではありません。
ただ、人は好きでした。

 

当時、そんな僕にも長く付き合っている彼女がいて、
彼女だけはいつも僕の味方で、心の支えだったんです。
そして理解者でもありました。

 

しかし、そんな彼女とも将来への考え方の違いで
別れの危機が何度もあって、喧嘩をしてはヨリを戻し、でもまた喧嘩をして・・・
そんなことばかりを繰り返してましたね。

 

 

関係が急転したのは、付き合って3年半が過ぎたころ。

「ごめん。好きな人できた・・・」

それは、彼女からの突然の報告でした。

 

たしかに、お互い冷めている部分もあったり、
こうなるのは時間の問題だったかもしれない。

ただ、当時の僕はそれでも裏切られたような気持ちになったのです。

 

突然現実を知らされると、やっぱショックでしたね、、、

 

ここから数ヶ月、ひとりで情けないほど泣きました。

 

情けなさ、怒り、絶望、不甲斐なさ
次々にいろんな感情が湧いては体調が悪くなる一方でした。
この時は重なるようにして身内に不幸が起きたり、
本当、トラウマになるほど落ち込みました。

 

すると、不思議なことが起きたのです。

 

「俺って何でこんなダメ人間なんだろう」
そう思うようになってきたのです。

 

ただでさえ自分に自信が持てなかったのに
失恋などをキッカケに、さらに自信を失っていったのでした。
そして、それ以来自分に対して、
すごくマイナスな感情ばかり覚えるようになったのです。

 

例えば、
「相手からどう思われてるんだろう?」
「実は馬鹿にされてるんじゃないのか?」

なんて考えてしまったり、

 

誰かと話すたびに、
もしかしたら、この人にも嫌われてるじゃないんか?
もしかしたら、裏では陰口言われてるんじゃないか?
なんて色々考えすぎてしまうわけです。

 

だから人と話してても、まったく楽しくない。
相手にどう思われるのか?そればかり気になっていました。

そのおかげで会話なんて、苦痛でしか無かったのです。

 

僕の中で
「人付き合い」=「疲れてしまうもの」変わってしまった瞬間でした。

 

次第に人の目線すら怖くなり、友達と話すことすら辛くなっていき、
いつしか人間不信に・・・。

 

 

もちろん、
「すべて彼女のせいだ!」とは思ってないし、
自分の性格のせいでもあります。

 

ただ、そのうち友達も避けるようになっていったし
僕は完全に孤立への道をたどってしまったのです。
そうして続けていた飲食店でのアルバイトも退職しました。

 

自分なんて、いっそこのまま、
“何もしない方がいいんじゃないか?”
なんて考えるようになったり、

 

もはや誰とも関わらないことこそ、
もっともラクな生き方なんだ
そう思うようになっていきました。

 

こうして僕は、人生に躓いてしまったのです。

 

しかし生きていくためには働かないといけないので、
工場での搬入や仕分けのバイトを始めました。
仕事内容は、単純作業でしたが、
「人と関わらなくて済む」というのは当時の僕にとっては重要なことでした。

 

早朝にトラックで運ばれてくる大量の荷物を工場で黙々と仕分けするだけ。
それをとにかく繰り返すだけの毎日です。

 

人とほとんど関わらない仕事ですから、まさにコミュ障のためのような仕事でした。

 

朝5時前から工場で黙々と働き、
その後はお金に余裕があるわけでは無いので
家でネットサーフィンしたり、テレビゲームをしたり
のんびり過ごしてました。

 

で、翌朝も早いので、夜はさっさと寝るだけ。
そんな生活をずーーーーっと繰り返していました。
人と関わらなければ傷つかなくて済むし、何かを気にする必要すらない。

 

この時の僕はすごく解放された気分だったし、ラクになれたのです。
まさに、自由を手にしたような気分でした。

 

ただ、そんな生活が1年も過ぎたころには
体調不良も重なって仕事を辞めてしまいました。
この頃には毎日体調が悪いのは当たり前で、
なぜかずっと無気力状態が続いていたのでした。

 

僕は当時、まさに自分に合った生き方を見つけて、自由を手にいれたつもりでいました。

 

しかし、いつしか変わりばえのない毎日と、
誰とも関わらない生活に苦痛を感じるようになっていたのです。
そして僕はやっと気付いたのです。実際に手にしたのは、自由ではなく、ただの孤独感や疎外感だったんだと。

 

そして悲しいもので、工場での仕事を辞めてから
あっという間に4年の月日が流れました。
ニートでひきこもり、いわゆる落ちこぼれでした。

 

この時は、生きるために自分を必死で正当化していました。
だって僕の人生は何もしないことが正解だから。
もう社会復帰するのは無理だと思っていたし、まさに悪循環だったのです。

 

自信がないから人と関わらない

人と関わらないから余計に自信を失う

どんどん人と関わることにも抵抗を感じるようになる

 

とにかく4年間その繰り返しでした。

 

さすがに4年間もひきこもってしまうと
なにか行動を起こそうとしても足取りが死ぬほど重たくなります。

 

スマホで何度も仕事の求人を探しては応募しようとするものの、
結局は人目が怖くて、行動に移せないし
小さな一歩を踏み出すことでさえ、当時の僕には本当に怖かったのです。

 

当時は働いていなくても、
まだ「若いから」とか「いつか変われるはずだ」
なんて考え、自分のことを落ち着かせていました。

 

でも、心のどこかでは分かっていたんですよ。

こんなこといつまでも続けられないな
どっかで人生変えないとな

って。

 

このまま誰とも関わらず一生を生きるのか?
でもこれから人生どうやって生きるんだ?

 

変わりたい……いや変わらなきゃ!!!

 

そんな思いだけが日に日に、募っていたのでした。
それからしばらく経ち、病院に行って判明したのですが、
僕はいわゆる鬱だったようです。

 

 

人生の転機はスタバだった

 

僕はニートだった4年間を通して
一つだけ強く思っている事がありました。
それは人と関わりたいということ。

 

これ実はめちゃくちゃ矛盾してるんですが、
僕は人と関わりたくないと思いながら、
心の奥底では本当は人と関わりたいと思っていたのです。

 

だからこそ、
今のダメな自分から変わりたい!!
そう思っていたのでした。

 

そんな僕にキッカケは突然訪れました。
僕の当時の唯一の楽しみといえば
コーヒーを飲んだり、読書をする事だったんです。
もはや僕にとって生きがいのひとつでした。

 

古本屋の軒先にある100円コーナーから面白そうな本を探して、
良い本が見つかったときにはワクワクしながら喫茶店によく行ったものです。
そうやってコーヒーを飲みながら物語に没頭している時だけは
自然と嫌なことも忘れられたんですよね。

 

物語に登場する人物には、自分よりひどい人間がいたり、
逆にスーパーヒーローみたいなカッコイイ人物が出てきたり、
それらが僕にとっての娯楽であり勇気になっていました。

 

もちろん、喫茶店に頻繁に行くことはできなかったけれど、
それが僕にとってたまに出来る贅沢だったんです。
そのうち喫茶店で長居していると店主さんに申し訳ない気持ちになってきたので、
途中からはチェーン店のカフェにも行くようになりました。

 

特によく通っていたのが、スターバックスコーヒーでしたね。
自宅から自転車で20分ほどの場所にあって、ちょうどいい運動不足の解消になるし、
なによりスターバックスは居心地がいいので、週1くらいで通うようになっていました。

 

それにしてもスタバって凄いですよね~。
どこの店舗に行ってもホスピタリティが高いし、
スタッフはお客さんを笑顔にできるキラキラした人ばかり!

 

僕にとってはそんな人たちが当時ものすごく輝いて見えたし、
間違いなく特別な場所になっていたのです。

 

そしてスタバに何度も通っているうちに
「カフェで働いてみたい」自然とそう思うようになっていたのです。
それだけは僕が自然とやりたいと思えた事で、
これをキッカケにしよう!!まさに、そう思ったのです。

 

変わるキッカケを探していた僕にとって
それはまさに突然希望の光が差してきたような気分でした。
そして、さっそく自宅のパソコンを使って、カフェ求人を探してみることに。

 

・スタッフ同士がすごく仲良しです
・笑顔の絶えない職場なんです♪
・積極的なコミュニケーションを取れるひとを募集!

 

そんな言葉ばかり書いてあるカフェ求人を見て、

失敗したらどうしよう、、
変なやつだと思われたらどうしよう、、
恥だけはかきたくない、、
ちゃんとコミュニケーション取れるかな、、

なんて、そんなことばかりが脳裏をよぎりました。

 

ただ僕がそのとき変われたのは、
どーせ、このまま生きてても恥なんだ、、
もうやるしかない!!ええい!こうなったらどうにでもなれ!
と、ある意味、開き直れたからでした。

 

4年溜め込んだものが突然爆発したような気持ちになったのです。
そして、なぜか気付いたときには、
渋谷にある超人気カフェに応募していたのでした。

 

そのお店は、ちょうどオープンしてから数ヶ月が経った頃で、
オープン直後の勢いも少しだけ落ち着き、また再募集をかけているようなタイミングだったのです。
なので、さっそく応募してみることにしました。

 

インターネットから問い合わせをすると、
すぐに面接の日程を知らせるメールが来て、トントン拍子で日にちも決まりました。

 

それからは毎日がドタバタ!
履歴書を準備して、写真も撮って、髪も整えなきゃ!と散髪に行ったり、
ひとりで面接シュミレーションもして・・・

 

そこまで準備したものの面接当日の朝は、
あれ?心臓飛び出るのか?ってくらい緊張でバクバクでしたね。
なんせ、誇れるような経歴もなければ実績もないからですね・・・。
むしろマイナスな点ばかり。

 

でも引き返すわけにいかない。だって、今の僕にあるのは
「人生を変えるんだ!」という強い決心があったから。

 

指定された場所に着くと、
数分後いよいよ面接が始まったのでした。
面接官の方はあまり愛想の良くない人で、
ここからまさかの質問攻めに合うことに・・・。

 

「なぜカフェで働きたいんですか?」
「数多くあるカフェの中で、どうして当店なんですか?」
1分で自己アピールをしてみてください」
「あなたがお店に貢献できることはなんですか?」
「あなたを採用するメリットを教えてください」

 

次々に飛んでくる質問に、どもる自分。

 

そしてついには、
4年間も空白ありますけど、何をされてたんですか?」

キターーー!心の中でそう思いました。
そして案の定、どもる自分。

 

僕はずっと面接中、
「なんて意地悪な面接官なんだ!」
「圧迫面接しやがって!」なんて不憫に思っていて、
面接官が途中から悪魔にすら見えていたのでした。

 

ただ、よくよく考えたら
ごく普通のことしか聞かれてないんですよね
そりゃ誰だってそんな空白の期間があれば聞きたくなりますしね。

 

ただ、僕には何を聞かれようと
ひとつだけ決めていることがありました。
それは全てを正直に言うということです。

 

・なぜニートだったのか
・空白の期間は何をしていたのか
・今どうしたいと思っているのか
・そして、これからどうなっていきたいのか

 

とにかく全てを正直に言うことにしたのです。
だから臆することはありませんでした。
そしてプライドも捨てました。

 

だって、変わりたいから

 

そして30分ほどの面接も無事に終わり外へ出ると、
頬にあたる風が妙に気持ちよくて、スッキリした気分で、
不思議と体まで軽くなったような気すらしたのでした。

 

そして数日後、合否を伝えるメールが届きました。

 

結果は・・・「採用」でした。

 

こうして僕はプライドを捨て、行動したおかげで
人生の変化を手に入れることができたのでした。

 

それから実際に働くことになってから沢山戸惑ったし、
仕事中なんてめちゃくちゃ迷惑もかけました。
久しぶりに働くわけで、社会経験なんてほぼ無いようなもん。

 

それに渋谷のカフェですから、人が次から次へと来店してきて、
仕事の要領が悪いうえにミスも頻発。ひとつのミスが次のミスにつながって…。
その度に自分より年下の上司に怒鳴られては、
仕事をやり直して、最初は本当に悲惨でしたね

 

ただ、それでもダメな自分に戻りたくなくて、
必死に食い下がりました。
すると、少しずつ仕事にも慣れていったし、
徐々にですが認められるようになってきたのです。

 

目の前の仕事を一生懸命頑張っていたら、
そのうち現場以外の仕事も任せられるようになったり、
いつのまにか自分に自信まで湧いて来たのが不思議でした。

 

僕はそうして夢中で働いているうちに自分の長所にも気づいたのです。
それは”細かいことに気付ける”ということ。
僕はかつて、細かいことを気にしすぎる自分が嫌いで、それを最大の短所だと思っていたのです。

 

が、気付けば今では、接客したり販売するときの
僕にとっての最大の強みにもなっていたのです。
こうして僕は自分のコンプレックスに向き合うキッカケもあって
少しずつ自信も湧いてきていったのでした。

 

その後も楽しく毎日やりがいを持って働いていると、
お客さん側から話しかけられることも増え、
実際に職場でスカウトされたことがキッカケで転職もしました。

 

そして今では銀座にある高級レストランで
責任者として店舗管理やサービスを任せられるまでになりました。
現在は店舗の売上や今後の展開だったり、経営面のことも考えなくてはいけないし、
ほんとーーに多くのやることを抱えています。

 

そして、僕はそんな仕事にやりがいを持って今を生きられています。
こうした現状に至るまで僕はニートを卒業してから、
たった3年です。

 

当時では想像できないくらい、目まぐるしく毎日は変化していき、
そして人生は充実するようになったのでした。

 

 

この世にダメな人間なんていない

 

この世界に完璧な人間なんて存在しないように、
僕はダメな人間もこの世界には存在しないと思っています。

 

僕自身がかつて、
落ちこぼれてニートをしていたときのように、
今まさにダメな時期にいる人はいるかもしれませんよ。

 

ただ、それって今ちょうどダメな時期にいるだけです。
根本をたどれば絶対に変われることだし、
だからこそ本来ダメ人間なんていないと思っているのです。

 

そして僕がダメだった時期から
変われた理由は2つあります。
それは「行動」「モチベーション管理」を意識したことでした。

 

まず一つ目に大事にした事は、
とにかく「行動」することですね。

 

たとえ、どんなに崇高な想いや情熱があっても、
そして、どんなに優れた知識やアイデアがあっても、
それを実際に行動に移さない限りは、現実って何一つ変わらないんですよ。

 

すごく当たり前のことですが、やっぱり行動が大事なんです。

 

それにやりたいこと、興味の持てることって誰しもあるはずですよね。
でもほとんどの人は自分に言い訳をして行動をしません。
僕だって4年間なにも行動ができませんでした。
でも、行動してみたらあっという間に人生変わっていったんです。

 

そう、実際にやってみたら「大したこと無いじゃん!」
なんてことは世の中にたくさんあって、
というか、ほとんどが大したことないと思って大丈夫です。

 

だからこそ、まずはちっちゃな一歩でもいいから
行動してみるって事がホントに大事なんです。
迷ったらとりあえずやってみる、それくらいの軽さで良いと思います。
それだけで絶対人生変わりますから。

 

それに、やりたいことをやっている時ってストレスも無いし、
充実していて、なにより自分のパフォーマンスも勝手に上がっていきますからね!

 

あ、そうそう、あと重要なことは、
やってみて「なんか違う」なんて思うことは誰にでもありますよ。
そういう時はスパッとやめちゃえばいいんです。

 

一度始めたことは続けなさい、なんて言われたりもするけど、
あんなのウソですよ。笑
それじゃこれから先何も始められませんよ。

 

本当に三日坊主とかで全然いいんですよ。
むしろ行動できないことに焦って欲しいし、行動しないとノーチャンスだけど
行動はすればするほどチャンスが広がるわけですからね!

 

・人生を変えたい
・自分のやりたいことをやりたい
・現状に不満がある
・人生を充実させたい

 

それなら”今ここ”から始めましょう。
人生に遅いことなんて無いし、僕は一度きりの人生なんだから
どんどん新しいことに挑戦するべきだと思っています。
自分になにが向いているかなんてやってみなきゃ分からないですからね。

 

 

そして、もうひとつ大事にしていることがあって、
「モチベーション管理」ですね。

 

言い方を変えるなら、
行動し続けるために必要な
体内エネルギー
をしっかり確保することです。
もしかしたら人によってはこっちのほうが優先順位が先にくるかもしれません。

 

結局なんで人って動けないのか?というと、
行動する前に自分自身の「エネルギー値」が
そもそも下がってるからなんですね。

 

僕は鬱で引きこもっていた頃、とくにこの循環が出来ていませんでした。
だって、ニートしてたら体のエネルギー循環なんて起きないですから、
変わるためのキッカケ作りが難しいんです。

 

無気力だったり、やる気が起きない問題って
大概は体のエネルギー循環が出来ていなくて、
どこかで無理をして枯渇してる状態なんです。

 

僕はニートを脱出してからこれまで、
行動力だったり、モチベーション維持だったりの方法をかなり研究しまくりました。
それこそ名著と呼ばれるような本をいくつも読んだし、
ほかにも体調管理の方法までいろいろと調べて、実際に試しました。

 

そしてある程度使いやすい形に自分の中で情報がまとまってきたので
エネルギーを高める方法について別のページに書いておきます。
興味があればぜひ読んでみてください。

 

・モチベーションが上がり続け、パフォーマンスも上がる方法


マジで人生が激変するほどの影響力があるので、
人生を良くしたいなら一度騙されたと思ってでも試してみるといいかなって思います。

 

日々のパフォーマンスが本当に変わってきますよ。
やる気やモチベーションって実は簡単に解決できる事なので、
この辺はさっさと解消しちゃいましょう。
あ、ちなみに体調管理にもつながってるので、病気などの予防にもなりますw

 

 

ではでは、長くなってきましたが、
まとめると僕はとにかく、このブログを通して、
人生はいくらでも変えられるんだ!
という事を伝えたいのです。

 

僕は一度人生のどん底まで落ちました。
それは今まで読んできたとおりです。それでも変われたんです。
そしてこの経験を伝えることで、誰かが少しでも
ラクになれたらいいなと思います。

 

失恋して人生のどん底を感じている人も、
毎日やる気が出なくて、自分のことをダメ人間だと責めている人も、
仕事に対してモチベーションが上がらなくて悩んでる人も、
あるいは今ニートの人も、求職中の人も、
まさに今ダメな時期にいる人もいるかもしれません。

 

でも、
絶対に変われます。安心してください。

 

僕は「行動」「モチベーション管理」を続けることで
あっという間に人生がよくなっていきましたから。
人生には至るところで幸せが満ち溢れています。
一緒に良い人生にしていきましょうね。

 

ちなみにメールで相談してくれるのとか全然OKです。
何でも聞いてみて下さい。
愚痴とか体験談とか、わりと何でも受け付けますのでw
メールはコチラから。

 

ではでは、またメールなどでお会いしましょう。

 

 

RETURN TOP

こんにちは、常田といいます。
東京都在住の28歳です。
ボクは学生の頃に、失恋などをキッカケに対人恐怖症をこじらせました。それから4年のニート生活をしたのち、「このままじゃヤバい」と本気で焦り始め、なぜか大都会である渋谷のカフェで働くことに。色々な人に迷惑をかけたけれど、おかげで今では人と接することがラクになりました。そして人生が楽しくなりました。
きっとこの経験を伝えることで、どこかで救われる人がいるかもしれない…と思いブログを立ち上げました!
詳しいプロフィールはコチラ

最近のコメント

    アーカイブ