”挫折せず”に目標を達成するための方法

どうも、常田です!

今回お話する内容は、
「挫折せずに目標を達成するための方法」
についてです。

 

目標といっても、短期的な目標と長期的な目標があると思いますが、
今回は話すことは短期的な目標を達成するための方法です。
スパンで言えば「3ヶ月後」までの話しかしません。

 

しかし、短期的な目標をしっかりと持つことで
目標に対する軌道修正もしやすく、そして挫折もせず、
達成するまで続けられるようになります。

 

目標を着実に達成することで、
気づいたらすごく遠いところまで来ていた、
高い目標を達成していた、なんて事はよくあることです。

 

逆に、従来のように長期的な目標を持つこともいいのですが、
あまりにも綿密な目標を長期的に持っていたところで、
大半の場合そううまくはいかない事がほとんどで、
そして挫折率も飛躍的に上がるのでオススメしません。

 

1年後には〇〇して、3年後には〇〇で、5年後には〇〇になって・・・
みたいな目標は計画してるときはワクワクした気持ちになれますが、
実際には、ほぼ意味を成さない事がほとんどです。

 

子供の頃に、将来プロ野球選手になりたい、
アナウンサーになりたい、パティシエになりたい、
と、言ってみたものの、多くの場合、途中で目標や夢は変わります。

 

僕はフワフワした自己啓発セミナーや本が好きではありません。
それよりも地に足の着いた実用性のある内容の方が
この現実の世界において役立つからです。

 

その点、のちほど紹介する「3の周期で目標を決める」というのも
目標達成率が上がるうえに、すぐにモチベーションやパフォーマンスの向上にも繋がる内容になっています。

 

僕自身もこの方法を知って、実践することで
今まで”着実に”やりたいことを達成することができました。
ぜひ最後まで読んでみて参考にしてみてください。

 

 

僕らはなぜ、一度決めた目標でさえ忘れてしまうのか?

 

生きていく上で「目標を設定する」ことは生活にメリハリをつけてくれます。
例えば、
「毎日ぼんやり生きている人」と「毎日なにかしら目標やテーマを持って主体的に生きている人」では、
その後の数ヶ月、数年というスパンで考えたときに大きな差になるでしょう。

 

ただ、先程もいったように、あまりにも長期的な目標を立てると
「具体的な行動」まで落とし込むまでにどこかで飛躍が起きたり、
モチベーションの低下が起きてしまいがちです。

 

では何故、モチベーションの維持が難しくなるのか?
例えば、こんな目標を立てた男性がいるとします。

・1年後にはダイエットして5キロ痩せよう。
・あとは会話術を学んでモテるようになって、美人な彼女も作る
・仕事では今より成果を出して、昇進する
・月の収入がプラス2万増えるようになる

 

と、1年後の目標を具体的に決めて、
それに向かって今やるべきことを決めたとします。
で、多くの場合このように将来に向けた目標を立てるし、
なんとなく立派に思えます。
これで日々の生活にメリハリもつくでしょう。

 

僕だって、かつてはこうしていました。
長期的な目標を立てることで、将来の自分にワクワクするし、
モチベーションも”一時的に”上がるからです。
では、なぜモチベーションは下がってしまうのか?

 

それは大抵の場合、
物事なんて予定通りに行かないからです。
当たり前のことですね。

 

子供の頃にプロ野球選手になりたいと夢見ていた子が、
自分より野球の上手い選手にたくさん出会って挫折したころに、
その上手い子たちでさえ全く歯が立たない選手がいることを知って、
自分の目標の無謀さに気づき、心が折れてしまう。

 

それと同様に、目標を長期で設定したところで、
多くの場合は物事というのは上手く進みません。
だから、途中でモチベーションが下がったりするのです。

 

もしくはこのようなパターンもあるでしょう。

 

・ダイエットするとは決めたけど、上司の誘いだから今夜は飲みに行こう、まあこれも出世には必要だから!
・会話を学ぶために書籍はたくさん買ったけど、今は仕事で時間がないからあとで読もう!

 

つまり、長期的な目標を立ててしまうことで、
こうして挫折するポイントは、ただ増えていく一方なのです。
だから多くの場合、目標を忘れてしまったり、気付いた頃には目標達成を諦めてしまっているのです。

 

では具体的に、今回メインとして話していきたい内容、
「目標を達成する具体的な方法」を次の章からしていきたいと思います。

 

 

「3の周期で目標設定」すると、うまくいく

 

では、目標を達成する上で大事な「3の周期」について、
これから詳しく話していきたいと思います。
「3の周期」をうまく利用することで、目標達成率の向上だけでなく、
日々の生活におけるメリハリと、日々の成長実感が得られるようになります。

 

具体的には、
・3日後
・1ヶ月後
・3ヶ月後

この3つの時間軸で目標を立てると達成しやすいと言われています。

 

まず決めるべきことは3ヶ月後になりたい自分を決めることです。
1年後だったり、ましてやその先の未来となると、
わりと妄想が入ってきたり、願望が入ってしまいがちです。
けど、この3ヶ月というスパンって妙にリアリティを感じませんか?

 

これが目標達成のコツなのです。
3ヶ月後の自分に、フワフワした目標を決めるひとって、ほとんどいないんですよ。

 

「3年後に脱サラして独立するぞ!」
って人前で立派なことを言っているにも関わらず、
実際には何も行動せず、そのまま平凡にサラリーマンしながら未だに生活してる、
なんて人が僕の周りにはたくさんいます。

もちろん、逆算して貯金したり、いろいろ計画を練って
本当にそのまま独立したり実行する人もいますが、
それは一握りの実行力のある人だけだし、大抵はそう上手くいきません。

 

さっきの例ではないですが、貯金してたけど、結局使ってしまったり、
趣味が出来て没頭していたらお金なくなった、みたいな事が起こるのです。

 

だからこそ、目標設定というのは短期スパンで決めることが重要なのです。
目標がリアリティを持ってくるからです。

 

そして、3ヶ月後のなりたい自分を設定したら、
そのために1ヶ月後にどんな自分になっている必要があるのか?
それを具体的に決めていきましょう。

 

で、ここからが重要です。
多くの人は1ヶ月後の目標プランまでは計画をしますが、
さらに短期的な「3日後」の目標も決めたりはしません。
ですが、ここが重要なのです。

 

3日後っていうのはさらにリアリティがあります。
それこそ3ヶ月後より具体的な行動プランにする必要があるでしょう。
自分の予定と照らし合わせたり、時間を見つける必要性まで出てくるでしょう。
これが目標達成のコツなのです。

 

ちなみに僕は、普段お店の運営を考えるうえでも、
常にこの3の周期で目標設定をしています。
3ヶ月後にはどれくらい売上にしたいのか、そのためにどれくらいの集客するべきなのか、
1ヶ月後までには、○○を新開発して、SNSで新しいキャンペーンを立てて、
そのために逆算して、この3日間でやるべきことはなんだろうか?

っていうところまで具体的に考え、日々実行しています。

 

 

挫折せずに目標達成する方法まとめ

 

未来にフワフワした目標設定をするのはやめましょう。
ほとんどの場合うまくいきませんし、予定通りにはいきません。

 

そんなことより、リアリティのある3ヶ月後までの目標を決め、
逆算して3日後までにやるべきことまでアクションプランを落とし込みましょう。
そうすることで、本当にやるべきことが見えてきます。
これを日々繰り返すだけで、これから先多くのことを達成できるようになります。

 

ぜひ一度試してみてくださいね。
では読んでいただきありがとうございました。
なにかわからないことがあれば、気軽にメールくださいね〜

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人生を変えるために必要なことは?

それは、
覚悟を決めて小さな一歩を踏み出すこと
たったそれだけなのです。

できるか、できないか、
そんなことはどうでもいいんです。

やるか、やらないか、それだけです。
今を変えることでしか未来は変えられません。

とはいえ、行動できない気持ちもよく分かります。
僕は変わりたいと思いつつ、何もできなかった時期が4年も続きました。
だからこそ気持ちはよく分かるのです。

でも僕は、ある一つのキッカケで人生を変えることができました。
もし、人生を変えるキッカケを模索しているなら参考になるかもしれません。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人生を変えるキッカケのつくり方

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • 2018 07.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人プロフィール

こんにちは、常田といいます。
東京都在住の28歳です。
ボクは学生の頃に、失恋などをキッカケに対人恐怖症をこじらせました。それから4年のニート生活をしたのち、「このままじゃヤバい」と本気で焦り始め、なぜか大都会である渋谷のカフェで働くことに。色々な人に迷惑をかけたけれど、おかげで今では人と接することがラクになりました。そして人生が楽しくなりました。
きっとこの経験を伝えることで、どこかで救われる人がいるかもしれない…と思いブログを立ち上げました!
詳しいプロフィールはコチラ

最近のコメント