「給料か、仕事内容か」どっちのほうが大切なのか?

どうも、常田です。

 

今回の記事の内容は、
「仕事は給料で選ぶべきか?仕事の内容で選ぶべきか?」
という問題に対する僕なりの結論を話していきたいと思います。

 

もちろん、置かれている状況や立場は人それぞれ違うし、
環境もみんな違うので一概には言えることではありません。

 

ただ、今回の記事を読むことで、
「給与」と「仕事内容」どちらを優先するべきかという問いに対して
改めて考えるキッカケになればいいなと思っています。

 

僕は給与をもっとも優先していた時期もあるし、
逆に仕事内容だけを優先していた時期もありました。
そして結論として、
僕は圧倒的に仕事内容の方が大事だと感じたのです。

 

では、なぜ仕事内容の方が大事なのか?
僕の経験や、周りからの話を聞いてきた事で感じた内容も踏まえて話していきたいと思います。

 

 

僕たちの働き方には4タイプある

 

世の中には給料は高いのに、ストレスを抱えている人がたくさんいます。
口癖のように「仕事を辞めたい」と言っている人がいたり、「仕事に行きたくない」と愚痴をこぼしたり、
つまり「お金の為に」仕事を我慢することの辛さがよく分かりますよね…w

 

しかし逆に、給料は少ないけど、自分の仕事に誇りを持っている人もたくさんいます。
あるいは仕事にやりがいも持っているし、さらに給料の良い仕事をしているひとも沢山いますよね。

そこには一体どんな違いがあるのか?

 

今話してきた内容を分類化すると
4種類のタイプの働き方が存在することになります。

つまり、
① 給与は良い 仕事内容も良い
② 給与は良い 仕事内容は悪い
③ 給料は悪い 仕事内容は良い
④ 給料は悪い 仕事内容も悪い
です。

 

この中で順位をつけるとすれば①④だと思っています。
①については、当然もっとも理想であり、目指すべき場所です。
仕事内容にも給料にも満足しているわけなので完璧です。

 

で、大事なのが次、
僕は長期的な視点で仕事を考えたり、今後を考えるなら③が理想だと思っているのです。

 

たしかに給料も大事ですが、熱中できるような仕事内容であればある程度のストレスは避けられるからです。
それに仕事内容がよければ、仕事に対する苦痛が減ります。そして自分も活き活きとしていられます。

 

さらに将来約に約立つようなスキルさえ磨くことが出来れば、いつか転職する場合や、キャリアアップする場合にも役立ちます。
つまり、給料面は後からでもどうにかなる要素だからです。

 

ところが、給与で仕事を選び、それによって毎日仕事中のストレスを抱えているようだと、精神的にもよくありません、
精神的苦痛はやがて体の不調に繋がり、ろくなことがありません。
大概やりがいを持てないまま仕事をしていると、その場を過ごすような働き方が身につくし、今後成長するチャンスすら失いかねません。

 

僕が初めて勤めた就職先で店長だった方は、
「仕事はそこまで好きじゃないけど、給料がそこそこ良い」
という理由で、家族のために毎日頑張っていました。

 

がしかし、ある日突然仕事に来なくなったのです。

 

ストレスによって、体を壊したそうでした。
つまり日常的なストレスは人をダメにする最悪の材料というわけです。
なので、勧められないのです。

 

それに次の章でも話していきますが、
今ではある程度、この問題には解決方法があるからです。
だからこそ、まずは好きな仕事を見つけ、そこで一生懸命に自分のスキルを磨くことに集中することが最も理想なのです。

 

 

今後、副業が当たり前の時代に突入していく

 

ひと昔までは副業が禁止されている企業がほとんどでした。
副業なんてしている事が見つかれれば、
それこそ会社をクビになるほどだったのです。

 

けれど、なぜ副業が禁止だったのか?
それは副業で成功して独立でもされたら会社的には困るからです。
だからある程度の規制が必要だったのです。

 

しかし、最近では副業の規制もゆるくなり、大企業でさえ副業を許可しています。
それに本屋に行けばところ狭しと副業の本が並んでいますよね。

 

で、僕も全人類のひとが副業でもいいので自分でビジネスをやるべきだと思っています。
資本主義社会である以上、僕らは生きていく上でお金というものは切っても切り離せませんし、
生きていく上ではお金を稼ぐ力を身につけることは重要なスキルだからです。

 

 

若いのであれば自分のスキルを磨くことに集中!

 

僕が仕事をする上でなにより大事だと思うこと、、、
それは、仕事に熱中することだと思っています。
熱中できる仕事に取り組めたら人生ってホント最高です。
で、その中で自分のスキルも磨いていくわけです。

 

そこまで仕事をしたくない!!

 

なんて思うかもしれないですが、正直、僕は仕事してる感覚がありません。
だって、好きなことしてるからです。たしかに客観的にみれば仕事人間に見えるかもしれません。

けれど、僕の中での感覚は、
ゲームがとにかく好きで、ゲームなら疲れてても徹夜でやれる!とか、
漫画が大好きでマンガ喫茶に行ったらずーーーっと読んでられる!
みたいな人と同じ感覚で仕事ができているのです。

 

なぜそういう感覚になるのか?
というと、それは自分のやりたいことを優先してきたからだと思っています。
情熱の持てることをやるのが、結局もっとも自分が輝ける方法だと感じるのです。

 

楽しいから仕事は成功するんで
成功したから楽しいんじゃないんですよ
楽しくて仕事をしていると、時間がたつのを忘れてしまうものです。
すると、いつもニコニコ楽しそうだから、よけい仕事を頼まれることになります。
その「仕事」も楽しくこなしているから「私事」まで頼まれる。
そうしているうちに気がついたら成功者になっているんです。
だいたい、成功する人って、そんなもんですよ。
本当は世の中ってシンプルなんですよね。

斉藤一人

 

斉藤一人さんの本からの抜粋です。ちなみに斉藤一人さんの本オススメです。
めちゃくちゃ勉強になりますし、読んだその日から仕事も生活も変わります。
毎日良いメンタルで迎えられるようになります。

 

もし、まだ読んだことがなくて興味があれば、斉藤一人の「道は開ける」おすすめです。
ぜひよかったら読んでみてくださいね!

 

 

ってことで結局、大事なことは自分がどう生きたいか、です

 

ここまで来て、ありきたりな答えではありますが、
結局自分がどう生きたいのか?がもっとも大事なのです。

 

仕事内容が大事だよ!とは言え、給料がめちゃくちゃ悪ければ、
もしかしたら生活が苦しくなる人もいます。
それに、給与が少なければ出来ないことも増えてしまいます。

 

夢のためにとにかく今は効率よくお金を貯めたい!
という方もいますし、僕はそれもいいと思うのです。

 

考え込みすぎないことも重要です。
そうして悩んでしまったり、それで結局行動できない方が危険だし、
自分がもっとも後悔しない選択をしていく事が大事だからです。

 

そして一番虚しいのは、なんのスキルもなく大人になってしまうことです。
僕らは何もしなくても年齢だけは増えていきます。
それなのに何もスキルがなく、年功序列で上司になってしまうなんて本当に最悪です。
成長のチャンスを失ってしまいます。

 

 

「給料か、仕事内容か」その結論とまとめ

 

家族を養わなければいけない、など
働かなければいけない強制的な理由があるひともいるかもしれません。
でも、もしそうで無いなら、僕は仕事内容を大事にした方が、長期的な視野で考えれば最良だと思います。

 

だし、それは結果的に自分を大事にすることになります。
長期的に見れば自分のポテンシャルが発揮される場所を見つける方が大事だからです。

 

それにやりたいことをやっているのであれば仕事に誇りを持てるし、熱中できます。
熱中すれば、おのずとスキルは上がるし、そうすれば結果的にあなたがもし転職をする場合でも、雄弁に仕事の話ができるはずです。
そして、その情熱がれば、あなたを必要としてくれる場所が必ず出てきます。

 

あるいは、その情熱を他に向ければ、そのジャンルでも必ず困難を乗り越えられるようになります。
一番最悪なのは、その場しのぎのような生き方です。
何も残らないような生き方をすると、歳を重ねたときに自分が辛くなります。

 

しっかりと自分の武器さえ磨きながらスキルアップをしていけば、
もしキャリアアップする場合でも
「私(僕)にはこんなことが出来ます!」と、自信を持てます。

 

けれど、最終的に判断をするのは自分。人それぞれ状況も違います。
自分で色々な選択肢を考えた上で、その場その場で後悔のない選択をすることが1番大事です。

 

夢のために、一時的にフリーターやニートになっている人もいるかもしれません。
べつにそれはいいんです。
世間体なんて気にしなくていいし、大事なのはいつだって自分です。
だって、結局は自分の人生なんだから。周りのことなんて気にしなくていいのです。

 

ではでは、長くなったのでこのへんで!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人生を変えるために必要なことは?

それは、
覚悟を決めて小さな一歩を踏み出すこと
たったそれだけなのです。

できるか、できないか、
そんなことはどうでもいいんです。

やるか、やらないか、人生はそれだけだからです。
つまり今ここで変わろうとしなければ、未来は永遠に変わりません。
変わりたいなら今ここで行動しなければいけないのです。

・・・とはいえ、行動できない気持ちもよく分かりますよ。
僕は変わりたいと思いつつ、何もできなかった時期が4年も続いたからです。
だからこそ気持ちはよく分かるのです。

しかし僕は、ある一つのキッカケでやっと人生を変えることができました。

きっとこの経験を伝えることで、
どこかで救われる人がいるかもしれない。
そう思って記事を書いてみました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕が人生を変えた”キッカケ”のつくり方

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • 2018 12.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

管理人プロフィール


こんにちは、常田と申します。
関東在住のアラサーです。
僕は学生の頃に、失恋などをキッカケに対人恐怖症をこじらせました。それから4年のニート生活をしたのち、「このままじゃヤバい」と本気で焦り始め、なぜか大都会である渋谷のカフェで働くことに。色々な人に迷惑をかけたけれど、おかげで今では人と接することがラクになりました。そして人生が楽しくなりました。
きっとこの経験を伝えることで、どこかで救われる人がいるかもしれない…と思いブログを立ち上げました!
詳しいプロフィールはコチラ

Hapitas

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
CMでも話題のハピタス。簡単なアンケートや口座開設などですぐに1〜10万円まで稼げます。ひとまず「お金が無い」という方は初めにハピタスで稼ぐのがお勧めです。
ハピタスはコチラ

行動するための起爆剤

daihugou


行動を効率的に成果に変えるための方法を解説した本で、起爆剤になってくれるオススメの一冊です。
本の詳しい内容はコチラをどうぞ!

記事が参考になったら応援クリックを!