人生うまくいかないことばかりで疲れた、そんな時に考えるべきこと

こんにちは、常田です。

 

今回の記事では、
「人生うまくいかないことばかりで悩んでいる」
という方が、そこから抜け出すために必要な考え方や
今すぐに試してみるべきことを話していきます。

 

うまくいかない事や落ち込む事は誰しも経験します。
だからこそ大事なことは、そこからどうするか?を考えていくことです。

 

うまくいかないからって嘆き続けても仕方ないし、
ひたすら落ち込んでいれば時間がどうにか解決してくれることもありますが、
どうせなら早く現状を改善していくに越したことはありませんよね。

 

だからこそ、うまくいかない時こそどうするかが大事なんです。

 

 

人生うまくいかないし疲れた…

 

僕も昔、人生何もかもうまくいかず悩んでいました。
ニートをしていた時期もあるし、自分に自信がないから、
なにもやる気すら起きなかったんですよね。

 

あぁ、もう人生疲れたな、って思ってました。

そして厄介なのが、一度その悪循環に入ってしまうと、
抜け出すタイミングを見失ってしまうことです。

人生うまくいかないから悩む → 悩み疲れて何もやる気でない → 何もしない自分はダメ人間だと悩む → 自信を失う → 余計に悩む → 何もしなくなる
という地獄のループにハマってしまうのです。

 

人生がうまくいかない原因

 

人生がうまくいかないと思うのは、
”過去”や”今”に執着していることが原因かもしれません。

 

例えば過去に起きたミスや恥ずかしい体験を
ずっと引きずってしまい、未だに自信が持てなかったり、
自分はダメなんだ…と卑屈になってしまうと
それがキッカケで人生がうまくいかないと思い混んでしまいます。

 

理由は人それぞれかもしれないですが、
誰だって失敗したくて失敗したわけではないし、
きっと頑張ってきたからこそ、失敗に対して自信を失うのです。

でも、それって過去の自分の結果でしかありません。
過去に囚われてしまうと、いつまで経ってもその延長線上の人生しか歩めなくなっていきます。

 

だからこそ、過去にとらわれずに、
なりたい理想や自分の未来像から逆算して、
今の自分に必要なことを考えていくことが大事なのです。

 

 

人生うまくいかない理由は自分の強みになる

 

僕はかつてうつ病をこじらせてしまったり、
家に引きこもってしまったり、ただの落ちこぼれニートでした。

 

でも、僕はなりたい自分を考えて、過去の自分を捨てることにしました。
その覚悟が決まってしまってからは人生はあっという間に変化していったのです。

 

そしてあるときに気づいたのです。
自分のコンプレックスは強みになる
ってことに。

 

僕はかつて人の目ばかり気にしていて、
いつもウジウジとしていました。
他人にどう思われるかばかり考えていたのです。

 

しかし、今では周りのことがよく見えている、
それが自分の強みになっています。

誰にだって欠点はあるし、別にあっていいんです。
それはその分、誰かの気持ちを理解することができるからです。
むしろ自分のコンプレックスや弱みに気付いていれば、
それが自分の強みになることもあり得るのです。

 

 

人生うまくいかない時の名言

 

元気や勇気が欲しい時に知りたい名言集を少しだけまとめてみました。
ぜひなにか刺さるものがあったら、メモなどに書いて、
普段目につくところに置いておくと効果があります。

落ちこんだ時や元気が欲しいときにふと見られるところに
自分の勇気になる言葉や写真を置いておくのは
とても前向きな気持ちにさせてくれますよ。

 

では少しばかり、名言集をどうぞ。

 

悲観的になるのは、自分のことばかり考えているから。
- 斎藤茂太 -

 

壁というのは、できる人にしかやってこない。
超えられる可能性がある人にしかやってこない。
だから、壁がある時はチャンスだと思っている。
- イチロー -

 

過去ばかり振り向いていたのではダメだ。
自分がこれまで何をして、
これまでに誰だったのかを受け止めた上で、
それを捨てればいい。
- スティーブ・ジョブズ -

 

私は失敗したことがない。
ただ1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ。
- トーマス・エジソン -

 

束縛があるからこそ、私は飛べるのだ。
悲しみがあるからこそ、私は高く舞い上がれるのだ。
逆境があるからこそ、私は走れるのだ。
涙があるからこそ、私は前に進めるのだ。
- ガンジー -

 

誰もの心に、何かに向かって燃える火があります。
それを見つけ、燃やし続けることが、
私たちの人生の目的なのです。
- メアリー・ルー・レットン -

 

成果が出ないときこそ、
不安がらずに、恐れずに、迷わずに
一歩一歩進めるかどうかが、
成長の分岐点であると考えています。
- 羽生善治 -

 

 

人生を良くするために必要な事とは?

 

結局、人生は自分で切り開いていくしかありません。
なりたいものになれるのは、なろうとした者だけだからです。

 

それに、たった一度きりの人生なのに、
夢を諦めるなんてもったいないですよね。
何かやりたいことがあるならチャレンジしましょう。

 

あと、これよく言われることですが、
やらない後悔よりやった後悔のほうがいい、と。
これはまぁ正しいとは思うんですが、

 

正確に言うなら、人はやりたいことをやって失敗したとしても、
後悔なんてしないんですよ。
もし、やりたいことをやったのに後悔してしまったときは、
それはきっと他人にやらされたことで失敗した時だけです。

 

思い返してみると、
実は他人に「絶対こうするべきだよ」と言われて、
それをいざやってみて失敗したときに人って後悔しています。

 

自分から率先してやろうとしたことであれば人は後悔をしません。
つまり僕らが後悔しないで生きるには、
自分の気持ちに素直になって、やるべきことを愚直にやっていくしかないのです。
それが自分の人生である意味でもあるからです。

 

 

【まとめ】人生うまくいかないときにするべきこと

 

もし自分の人生に疲れてしまったと感じたら、少しは休養を取って
心身ともに休ませることも大事です。
ただ、自信を失ってそのまま何もしなくなるのはとても危険です。

 

少しずつでもいいから、前進していきましょう。
そして過去に囚われずに、今を大事にしましょう。
今なにをするべきかはきっと自分が一番知っているはずです。

 

それにコンプレックスの無い人間なんていません。
誰だって完璧になりたいけど、実際にはそうはなれないのです。
だからこそ重要なのは、そのコンプレックスとどう向き合うかです。
弱みは自分の強みになり得るし、悲観ばかりしなくて大丈夫。

 

過去を捨てて、今を大切に、そして未来に希望を持ってチャレンジを続けましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人生を変えるために必要なことは?

それは、
覚悟を決めて小さな一歩を踏み出してみる事
たったそれだけです。

できるか、できないか、
そんなことはどうでもいいんです。

やるか、やらないか、人生はそれだけだからです。
つまり今ここで変わろうとしなければ、未来は永遠に変わりません。
変わりたいなら今ここで行動しなければいけないのです。

・・・とはいえ、行動できない気持ちもよく分かります。
僕も昔、変わりたいと思いつつ、何もできなかった時期が4年もありました。
だからこそ気持ちはよく分かるのです。

けれど僕は、ある一つの出会いとキッカケで
やっと人生を変えることができました。

きっとこの経験を伝えることで、
どこかで救われる人がいるかもしれない。
そう思って記事を書いてみました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕が人生を変えた”キッカケ”のつくり方

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • 2019 10.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

管理人プロフィール


こんにちは、常田と申します。
過去に失恋などをキッカケに対人恐怖症になり4年のニート生活を経験。その後「このままじゃヤバい」と本気で焦り始め、大都会である渋谷のカフェで働うことに。色々な人に迷惑をかけたけれど、おかげで今では人と接することがラクになりました。そして人生が楽しくなりました。
きっとこの経験を伝えることで、どこかで救われる人がいるかもしれない..。そう思いブログを立ち上げました!
詳しいプロフィールはコチラ

Hapitas

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
CMでも話題のハピタス。簡単なアンケートや口座開設などですぐに1〜10万円まで稼げます。ひとまず「お金が無い」という方は初めにハピタスで稼ぐのがお勧めです。
ハピタスはコチラ

行動するための起爆剤

daihugou


行動を効率的に成果に変えるための方法を解説した本で、起爆剤になってくれるオススメの一冊です。
本の詳しい内容はコチラをどうぞ!

記事が参考になったら応援クリックを!