収入を上げる方法は”読書”にあった!その根拠と要因とは?

こんにちは、常田です。

 

とある研究結果によると、
読書の習慣が身についている人ほど
収入が多い傾向にあるみたいですね。

 

もちろん、収入が多い要因はたくさんありますし
一概にいえる事ではありませんが、
あくまで収入が多いひとの共通点に多いみたいです。

 

では一体、読書をするだけで何故収入が上がるのか。
読書にはどんなメリットがあるのか。
今回は読書から得られるであろう事をまとめてみました!

 

また、最後には収入を直接的に上げるために大事な
とても参考になる実用書も紹介しています。

 

もし今回の記事を読んでみて、読書をしてみようかな、とか
読書をする意味について改めて考えるキッカケになればいいなと思います。
では早速、ひとつずつ紹介していきます!

 

 

読書をすると知らなかったことを知れる

 

これは当たり前のことですが、本は知識のカタマリですよね。
たくさんの偉人や著名人が、
知識を惜しげもなく体系化して伝えてくれています。

 

なので、僕らは様々な知識をショートカットで学ぶことができるわけです。
これっていわば、ゲームの攻略本を買ってゲームするようなもんで、
問題解決がイージーモードになるのです。

 

例えばですが、
ペペロンチーノを作りたい!と思ったとしますよね。

 

もし全くパスタを作ったことがない上に、
普段から料理を全くしない人だった場合は
そもそも作ること自体ものすごくハードルが高いわけです。

 

ここにもし、
【誰でも簡単に作れる美味しいペペロンチーノの作り方】
という知識があったら、超便利だと思いませんか?

 

それ見れば、簡単にすぐ作れちゃうわけです。

 

つまり、知識というのは、
結果をショートカットで手に入れるツールになり得るのです。
そして知識を手に入れる最大のコンテンツこそが、本であり、読書なのです。

 

だから、結果を出すひとや今回のテーマでいう”収入が高い人”には、
読書をする人が多いというのも頷けますよね。

 

16世紀のイギリスの哲学者が残した格言に、
Knowledge is Power】という言葉があります。
これはつまり【知識は力なり】という事なのですが、
まさに知識は偉大だということは昔から言われていたわけです。

 

 

読書をすると考える力も身に付く

 

ショーペンハウエルの著作に「読書について」という本があります。
世界中で読まれている本ですが、内容を要約すると、
【本を読むのは、つまるところ自分の頭で考える力を養うことだ】
と言っています。

 

これもまさにその通りで、
知識というのは知っているだけでは意味がありませんよね?
実生活に取り入れたり、役に立ってこそ効果を発揮してくれるわけです。

 

ただし、いざ実生活で取り入れて行こうとなると
頭を使う必要があるので、考える力が必要なのです。

 

知識はただ学んで終わるのではなく、読書を考えるキッカケにすることで、
さらに効果を最大限に引き出せるようになります。
考える癖ができれば、仕事で悩んだときなどにも活かすことができるでしょう。

 

自分の実生活にどう活かせるか、とか
今の仕事にこの知識をどう取り入れるのか、など
そういった考える力が、読書において実はもっとも重要な部分なのです。

 

 

忙しい人ほど本を読むといい。

 

どうしてもダラダラしてしまう時間って
誰しもあると思います。
ですが、そういうときこそ読書をしましょう。

 

例えば電車での移動時間や仕事の休憩時間、
待ち合わせまでの10分、などなど
そうした細かい時間の積み重ねがのちのち大きくなっていきます。

 

自分でビジネスをしたい、会社で成果を出したい、出世したい、
それぞれ目標があると思いますが、
そんなときこそ、日々の小さな時間の過ごし方がもっとも重要なのです。

 

これに関しては以前の記事で詳しく説明していますので、
よかったらご参照ください。

人生を変えるブログ。まずはシンプルで強力な方法を紹介します

 

 

注意力や集中力を伸ばすことができる

 

読書によって養われるのは、知識や考える力だけではなく
「注意力」や「集中力」も伸びるという研究結果もあります。

 

読書に集中したり、物語に没入したり、
あるいは頭を使って考えなければいけないので
注意しながら読んでいます。
すると、実は脳がとても活発に動いているのです。

 

つまり読書をすることで、集中力や注意力も鍛えられ、
そこで培った自力は仕事や勉強においても能力を発揮しやすくなります。

 

本を読んだ数が多い人ほど収入が高くなるというのは、
集中力や注意力、そして知識や考える力が培われた副産物とも言えますね。

 

 

悩んでいることがあるなら、解決できる知識を探してみよう

 

例えば、今ダイエットについて知りたかったら、
本屋さんに行って5~10冊くらい買えば
ノウハウとしてほとんど知れますね。

 

マネージメントについて知りたいなら
これまた本屋さんに行って5~10冊くらい買えば
知識的にはOKなんです。

 

つまり、僕らは学ぼうと思えば簡単に知識を手に入れられるし、
とても便利な時代を生きています。
そして知識を手に入れれば、どんどん自分をレベルアップさせる事ができるんです。

 

自分をレベルアップしていければ、
次はそれを誰かに教えてみたり、自分の仕事に活かしたりすればいいんです。

 

そうすると、人から信頼してもらえるひとになれたり、
お金をたくさん貰えるひとになれます。

 

読書をする利点はたくさんありますが、
まず目に見える結果を残したい方には実用書がオススメ。
実用書は収入を伸ばすためのもっとも堅実で、効率的な手段だからです。

 

さて、最後はすぐに結果を出すための
オススメの実用書をひとつだけ紹介します。

 

 

現代広告の心理技術101(著者:ドルー・エリック・ホイットマン)

ビジネスをやる上で、
必ず「モノ」あるいは「サービス」を販売しますよね。
飲食店なら「モノ」を売りますし、
マッサージ店なら「サービス」を売っていきます。

 

ビジネスというのは、相手に価値を感じてもらい、
実際に買ってもらうことです。
価値を感じてもらい、売ることができればビジネスは成立します。
つまり大事なのって、いかに「価値」を感じてもらうかなのです。

 

価値を感じてもらえば、買ってもらえます。
でもその価値ってどうやって伝えたら効果的なんだろう?
ということを説明してくれているのが【現代広告の心理技術101】です。

 

あらゆる人が、仕事をする上で大事なテクニックが学べる超実用的な内容です。
もし興味があれば、ぜひ手にとって見てください。
値段は高いですが返金保証も付いているので、
読んでみて気に入らなければ無条件で全額返金もしてもらえます。

 

⇢ 現代広告の心理技術101(著者:ドルー・エリック・ホイットマン)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人生を変えるために必要なことは?

それは、
覚悟を決めて小さな一歩を踏み出してみる事
たったそれだけです。

できるか、できないか、
そんなことはどうでもいいんです。

やるか、やらないか、人生はそれだけだからです。
つまり今ここで変わろうとしなければ、未来は永遠に変わりません。
変わりたいなら今ここで行動しなければいけないのです。

・・・とはいえ、行動できない気持ちもよく分かります。
僕も昔、変わりたいと思いつつ、何もできなかった時期が4年もありました。
だからこそ気持ちはよく分かるのです。

けれど僕は、ある一つの出会いとキッカケで
やっと人生を変えることができました。

きっとこの経験を伝えることで、
どこかで救われる人がいるかもしれない。
そう思って記事を書いてみました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕が人生を変えた”キッカケ”のつくり方

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

管理人プロフィール


こんにちは、常田と申します。
過去に失恋などをキッカケに対人恐怖症になり4年のニート生活を経験。その後「このままじゃヤバい」と本気で焦り始め、大都会である渋谷のカフェで働うことに。色々な人に迷惑をかけたけれど、おかげで今では人と接することがラクになりました。そして人生が楽しくなりました。
きっとこの経験を伝えることで、どこかで救われる人がいるかもしれない..。そう思いブログを立ち上げました!
詳しいプロフィールはコチラ

Hapitas

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
CMでも話題のハピタス。簡単なアンケートや口座開設などですぐに1〜10万円まで稼げます。ひとまず「お金が無い」という方は初めにハピタスで稼ぐのがお勧めです。
ハピタスはコチラ

記事が参考になったら応援クリックを!