もう何もしたくない。無気力になってしまったときの処方箋

疲れてしまった
もう何もしたくない
そう思ったときは、ゆっくり休む勇気が大事です。

 

何もしたくない、
ということはもう十分に頑張った証拠です。

 

理由はひとそれぞれで、

職場の人間関係かもしれないし、
仕事の内容かもしれないし、
学校の友達とのトラブルかもしれない。

 

もちろん、その壁を乗り越えてでも、
向き合っていく価値もあると思います。

 

そうやって人間はタフになったりもするからです。
ただもしその結果、体を壊してしまったら、それこそ大変ですから、
本当に辛いなら休むことも大切です。

 

もし今、辛い状況にいるなら、休むという選択を取ることも、
立派な選択肢のひとつだからです。

 

辛い、やる気が出ない、という状態が続くにも関わらず、
無理をしすぎると

それこそ鬱になったり、治療に時間がかかってしまいます。

 

無気力になってしまうのは、体からの精一杯のサインでですから、
「一生懸命がんばった!」
と思い直し、自分に休みをあげる勇気を持ってあげてください。

 

まだまだ世の中には、
「そんなの甘えだ」なんていう風潮もありますが、
そんなことは気にしなくていいし、大きな間違いです。

 

だって、そんなのおかしいじゃないですか。

 

世の中には頑張りすぎた結果、
身も心も壊したひともたくさんいるんです。

 

何度も言いますが、体を壊してからでは遅いんです。

 

休む勇気をもって、自分に休みをあげる。
また元気になったらチャレンジすればいいんです、

 

自分の命より大切な仕事なんてありますか?
自分の命より大切な対人関係なんてありますか?

 

ってことなんです。

 

僕は無いと思ってます。

 

もしも今、「何もしたくない」「辛い」「逃げ出したい」
そう思ったなら勇気をもって自分に休みをプレゼントしましょう。

 

人生は何度だって挑戦できます。
人の目なんて気にしなくていいんです。

自分の人生をぜひ、大切にしていきましょうね。

 

悩んだら、身近な誰かに相談することも大切です。
親や家族でもいいし、友達、恋人、誰かに話すだけで気持ちが晴れることもあります。

 

もし、身近なひとには相談しにくい、という場合は、僕でも構いませんので、
なにかあればいつでも気軽に相談してくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人生を変えるために必要なことは?

それは、
覚悟を決めて小さな一歩を踏み出してみる事
たったそれだけです。

できるか、できないか、
そんなことはどうでもいいんです。

やるか、やらないか、人生はそれだけだからです。
つまり今ここで変わろうとしなければ、未来は永遠に変わりません。
変わりたいなら今ここで行動しなければいけないのです。

・・・とはいえ、行動できない気持ちもよく分かります。
僕も昔、変わりたいと思いつつ、何もできなかった時期が4年もありました。
だからこそ気持ちはよく分かるのです。

けれど僕は、ある一つの出会いとキッカケで
やっと人生を変えることができました。

きっとこの経験を伝えることで、
どこかで救われる人がいるかもしれない。
そう思って記事を書いてみました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕が人生を変えた”キッカケ”のつくり方

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

管理人プロフィール


こんにちは、常田と申します。
失恋などをキッカケに対人恐怖症になり4年のニート生活を経験。その後「このままじゃヤバい」と本気で焦り始め、大都会である渋谷のカフェで働くことに。色々な人に迷惑をかけたけれど、おかげで今では人と接することがラクになりました。そして人生が楽しくなりました。
きっとこの経験を伝えることで、どこかで救われる人がいるかもしれない..。そう思いブログを立ち上げました!
詳しいプロフィールはコチラ

Hapitas

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
CMでも話題のハピタス。簡単なアンケートや口座開設などですぐに1〜10万円まで稼げます。ひとまず「お金が無い」という方は初めにハピタスで稼ぐのがお勧めです。
ハピタスの詳しい使い方はコチラ

記事が参考になったら応援クリックを!