うつ病で1人になりたいと思った時は

こんにちは、常田です。

 

今やうつ病は日本だけではなく、
世界中でたくさんの方が悩んでいる症状です。
憂鬱でモヤモヤした気持ちで日々過ごしている方もたくさんいます。

 

とくにSNSが発達した事によって、
インターネットを使えば
すぐに“誰か”に関わることが出来る時代になりました。

 

インターネットという世界では、
誰もが自分の好きなものだけを見ることができるし、
逆に言えば、わざわざ見たくないものを見なくなります。
つまり、自分の殻に閉じこもる事ができる時代でもあるのです。

 

鬱病は女性だと5人に1人、男性だと10人に1人という確率で
一度は経験するという統計データもあります。

 

つまり、現代では鬱病というのは誰しもが起こりうる症状なのです。
もちろん軽い症状の方もいれば、誰にも相談出来ず、
気持ちを完全に塞ぎ込んでしまって、どんどん悪化していくパターンもあるでしょう。

 

風邪だったり怪我だったり、身体的な痛みと違って
精神的な痛みは人に言いづらいですよね。

 

うつ病があまり公にならず、
知らず知らずのうちに悪化してしまうのは、
人に相談しづらい病気でもあるからなのです。

 

ただ、うつ病だからといって、恥じることは何ひとつありません。
うつ病は真面目な人や繊細な人がなりやすいというだけで、
少し気持ちの抜き方を覚えれば、確実に改善されていきます。

 

むしろ、その繊細さや真面目さは重要な武器になります。

 

記事を書いている僕自身も、
鬱になって塞ぎ込んでいた時期がありましたが、
気持ちの抜き方や悩みに対する対処法を覚えたことで、
楽に生きることができるようになりました。

(詳しくはプロフィールを見ていただけたら)

 

もし今、鬱病が辛い、やる気がでない、1人になりたい、
そう思ったなら是非記事を参考にしてみてください。

 

 

うつ病が辛い、1人になりたい、そう思った時には

 

人付き合いが辛いときや、人と接すること自体が
億劫な時期は誰にでもあります。

 

だからもし今「1人になりたい」そう思ったとしても、
それは決しておかしな事ではありません。
誰しもが起こりうる事だからです。

 

僕もかつてうつ病で悩んでいましたが、その経験を踏まえて、
「うつ病で1人になりたい」と今まさに感じているのであれば
とことん1人になった方がいいという事です。

 

うつ病というのは精神的に疲弊している状態でもありますし、
そういう時って些細なことでも怒りっぽくなったり、不安になったりもします。

 

精神疲労している状態で、そうしたネガティブな出来事が重なってしまうと、
それこそ更に気持ちが滅入ってしまう恐れもあるからです。
それじゃただの悪循環でしかありません。

 

荒療治的に、あえて人の多いところや誰かと接点を増やそうとする方もいますが、
要はこれも悪化する可能性の方が大きいのです。
もし万が一ネガティブな事が起きれば症状がさらに悪化してしまいますよね。

 

もし、集中してしっかり治そうと思うなら仕事や学校も
なるべく休めるようにする事がおすすめです。
悪循環から抜け出すためにも、しっかりと休養する時間を持ち、
精神的安静を摂ることを優先しましょう。

 

うつ病はたしかに辛いです。休めば必ず回復します。
そして回復さえ出来れば辛さも無くなります。

 

 

うつ病で一人になりたい時は、重大な決断を避けましょう

 

一つ、これだけは知っておいてほしいのですが、
うつ病の時には大事な決断を下すことはなるべく避けましょう。

例えば、恋人と別れる、離婚をする、などです。
とくに精神的に病んでしまっている場合は、判断機能も低下していますし、
正しく脳が働かず、最適な決断が出来なくなってしまっている可能性があります。

 

そんな時に決断を下してしまうと、
のちのちに後悔してしまうような出来事になりかねません。

 

 

うつ病でしんどい時には

 

僕はうつ病だった頃、周りから「怠け者」だと思われていただろうし、
実際、交際していた方にはハッキリそう言われてしまいました。
やはり身近な人に言われるにはキツイ言葉です。

 

ただ今だから言えることですが、
うつ病の辛さはやっぱり本人にしか分かりえないという事です。
だから人に理解してもらうのが難しいし、辛いのです。

 

もし「うつ病で一人になりたい、もうしんどい」と思った場合には、
すぐに病院へ行くことも大事です。
辛い時には無理せずメンタルクリニックを受診しましょう。

 

しっかりとした専門家に、あなたの症状をしっかり伝えることで、
話も聞いてもらえるし、それにあった処方もして貰えます。
ぜひ薬も活用しながらしっかりと治療していきましょう。

 

鬱になる方は1人で抱え込みやすい人でもあります。
だからこそ、しんどいときには開き直って
一人で抱え込まないことが重要なのです。

 

それに、うつ病は症状が治ってくれば、
なぜあの頃はあんなに鬱に悩んでいたんだろう?
と不思議になるくらい気持ちも回復します。
そうなるまでは、是非しっかりと心と体の休養を取りましょうね。

 

 

[まとめ]うつ病で一人になりたい、楽になりたいなら

 

1人になりたい」そう思うなら、
まずはとことん
1人の時間を持てるようにしましょう。

 

今はどうしても精神的にも疲れている状態なので、
少し休むことを心掛ければ気持ちも少しずつ楽になってきます。

 

精神的に疲れていると起こること全てをネガティブに捉えてしまったり、
怒りっぽくなってしまったり、本当に悪循環が続いてしまうので、
しっかり休むことが大事です。

 

まずは一度すべてをリセットするような気持ちで休みましょう。
そしてあまりにしんどい時は、迷わず病院に行きましょう。
そうすれば症状はかなり改善していくはずです。

 

もし人に相談しづらい、どうしたらいいか分からない、
もっと具体的に聞いてほしいという場合は、
ぜひメールフォームから連絡をください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人生を変えるために必要なことは?

それは、
覚悟を決めて小さな一歩を踏み出してみる事
たったそれだけです。

できるか、できないか、
そんなことはどうでもいいんです。

やるか、やらないか、人生はそれだけだからです。
つまり今ここで変わろうとしなければ、未来は永遠に変わりません。
変わりたいなら今ここで行動しなければいけないのです。

・・・とはいえ、行動できない気持ちもよく分かります。
僕も昔、変わりたいと思いつつ、何もできなかった時期が4年もありました。
だからこそ気持ちはよく分かるのです。

けれど僕は、ある一つの出会いとキッカケで
やっと人生を変えることができました。

きっとこの経験を伝えることで、
どこかで救われる人がいるかもしれない。
そう思って記事を書いてみました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕が人生を変えた”キッカケ”のつくり方

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • 2019 08.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

管理人プロフィール


こんにちは、常田と申します。
過去に失恋などをキッカケに対人恐怖症になり4年のニート生活を経験。その後「このままじゃヤバい」と本気で焦り始め、大都会である渋谷のカフェで働うことに。色々な人に迷惑をかけたけれど、おかげで今では人と接することがラクになりました。そして人生が楽しくなりました。
きっとこの経験を伝えることで、どこかで救われる人がいるかもしれない..。そう思いブログを立ち上げました!
詳しいプロフィールはコチラ

Hapitas

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
CMでも話題のハピタス。簡単なアンケートや口座開設などですぐに1〜10万円まで稼げます。ひとまず「お金が無い」という方は初めにハピタスで稼ぐのがお勧めです。
ハピタスはコチラ

行動するための起爆剤

daihugou


行動を効率的に成果に変えるための方法を解説した本で、起爆剤になってくれるオススメの一冊です。
本の詳しい内容はコチラをどうぞ!

記事が参考になったら応援クリックを!